「7つの習慣」体験セミナー

〜教職員のリーダーシップを開発する~


少子化、国際化、入試改革、大学機能分化と高等教育は大きな変革期にあります。
これらの変化の中で生き残っていくには、いくら組織で改革を謳っても、
結局は教職員一人ひとりが変わらなければ達成できません。
また、教職員の皆様にとってもこの変革期が大きなチャンスとしてとらえ、
ご自身のキャリアにとって有意義なものでなければなりません。

『7つの習慣』では一人ひとりの『主体性』に働きかけていきます。
そして、周囲との信頼関係を強化し 相乗効果を生みだしていきます。
良く耳にする”パラダイムシフト”や”WinWin”はこの『7つの習慣』の中で説明されています。
他者との協働は、学生の主体性にも良い影響を与え、好循環な環境を作り出していきます。

セミナー内容

共催
フランクリン・コヴィー・ジャパン株式会社
株式会社リアセック
日時
2019年4月3日(水) 16:00〜18:00
会場

リアセック本社5階会議室(浜松町)
東京都港区浜松町1-2-11 浜松町鈴木ビルディング
 ・ JR/東京モノレール 浜松町駅 北口より徒歩5分
 ・ 都営浅草線/都営大江戸線 大門駅 B3またはB4出口より徒歩4分

内容
大学人のための主体性開発研修『7つの習慣』体験セミナー
スタンダードな7つの習慣研修は1日間です。
今回はその内容の一部を120分に集約したものをご体験いただきます。
[ Time Schedule ]
□ 16:00~17:30
  バラダイムシフト
  インサイドアウト
  第1~第7の習慣
  第1の習慣 「主体性を発揮する」
□ 17:30~18:00
  ご質問や導入事例紹介
※ ご参加の皆様に『完訳 7つの習慣』を謹呈致します。
定員
先着30名
参加費
無料
お申込み
本ページ下部の「申し込む」ボタンよりお申し込みください。
  • 『7つの習慣』について
  • 『7つの習慣』とは、スティーブン・R・コヴィー博士が、過去200年間の“成功”に関する文献を研究し、「長期にわたり望む結果を得続けるための原則」をまとめたものです。世界で3,000万部、日本でも200万部を突破した大ベストセラービジネス書で、全世界44ヶ国に翻訳され広く読まれています。また、書籍『7つの習慣』をベースにした研修は、世界47拠点、147ヶ国で展開されています。「7つの習慣」によって、自ら考え、他者と協働できる人財を育てることによって、より自立した組織を作ることを目指しています。

  • 大学での導入実績
  • <教職員対象の研修プログラム>
    岡山大学、東京慈恵会医科大学、愛知医科大学、関東学院大学、東京家政大学、他
    <学生対象の正課授業・特別セミナーなど>
    筑波大学(正課)、北海道大学(正課)、産業能率大学(正課)、関西学院大学(正課)、横浜国立大学、兵庫教育大学、岡山大学、中央大学、法政大学、帝京大学、立正大学、関東学院大学、東京家政大学、他
    <アメリカでの導入大学>
    テキサスA&M大学、ウィスコンシン大学-オー・クレア、ジェームズ・マディスン大学、ラマー大学、カリフォルニア大学リバーサイド校、アラバマ大学バーミンガム、ユタバレー大学、ロングウッド大学、中央ミシガン大学、ユタ州立大学、イースト・テネシー州立大学、ウェスタン・キャロライナ大学、バッファロー州立大学、シカゴ大学、他
    (順不同)

■ 開催日程

株式会社リアセック本社5階会議室
(1) 2019年04月03日(水) 16:00~18:00 『7つの習慣』体験セミナー 定員30名 受付中 申し込む

■ 会場

株式会社リアセック本社5階会議室
 東京都港区浜松町1-2-11 浜松町鈴木ビルディング5F [ [地図はコチラ] ]
 最寄り駅:JR/東京モノレール 浜松町駅北口徒歩5分

個人情報保護に関して

※申し込みをもって下記の個人情報取り扱い規定にご同意いただいたものとみなさせていただきます。予めご了承ください。

個人情報取り扱い規定

1.個人情報収集の目的と利用範囲
株式会社リアセックにてセミナー受付を管理する目的で、以下の必要な範囲において個人情報を収集し選考にこれを利用致します。
1)リアセックからのセミナーに関する連絡
2)セミナー参加者の確認、管理
3)その他、弊社サービスのご案内

2.個人情報の第三者提供
個人情報について第三者に提供する事はありません。ただし、以下の場合は関係法令に反しない範囲で個人情報を提供する場合があります。
1)本人に同意を得た場合
2)法令により開示または提供が許容されている場合
3)人の生命・身体又は財産の保護のために必要がある場合で本人同意を得ることが困難な場合
4)公衆衛生の向上のために特に必要がある場合で、本人同意を得ることが困難な場合

3.個人情報処理の外部委託
個人情報を取り扱う業務の一部または全部を外部委託する事があります

4. 個人情報提供の任意性
個人情報の入力について必要となる項目を入力いただかない場合には、正しく回答されない場合や、回答結果を送信できない場合があります。

5.個人情報の開示等の請求について
1)個人情報は本人に限り、利用目的の通知、開示、訂正、追加または削除、利用の停止、消去及び第三者提供の停止を求めることができます。下記の個人情報管理責任者にお問い合わせください。
2)個人情報の開示等の依頼があった場合は、本人であることが確認できた場合のみ、合理的な範囲で対応致します。

6.個人情報に関するお問い合わせ先
1)個人情報管理責任者 株式会社リアセック 取締役COO
2)連絡先 リアセックお客様センター 個人情報管理担当
TEL0120-769-396(土日祝を除く10:00~18:00)

COPYRIGHT © RIASEC Inc, ALL RIGHTS RESERVED