学生向け個別面談 キャリアカウンセリング|株式会社リアセック

法人・学校関係者向け

法人・学校関係者向けサービス一覧

高等学校教育者の皆様へ 大学生の皆様へ お問い合わせ

学生個別支援 キャリアカウンセリング 経験豊富なキャリアカウンセラーによる1対1の面接で個別の悩みに時間をかけて向き合います

リアセックでは各学年の就業力育成モデルに合わせたキャリアカウンセリングプログラムをご提供しております。これらは単体での活用、キャリア授業就活支援講座との組み合わせなど、様々な形態でご利用いただけます。

提供プログラム例(主な対象別)

2・3年次 PDCAフォロープログラム

体験を定期的に振り返り、意味付けるための有資格の専門家による定期面談

2年次キャリアプログラム(キャリア教育授業)で策定した学習計画プログラムの振り返りを、カウンセラー(有資格者)がサポートし、体験を肯定的に意味付けることを支援します。

3年次 レディネス調査

学生の就職活動タイプを予測し活動が遅れがちな学生を早期に発見

職業適性検査R-CAPの診断結果を元に、各個人に向けたフィードバックを行うと共に、就活の遅滞が予測される学生を抽出。個別の面談や少人数性の就職ガイダンスで活動の活性化を促します。

4年次 グループカウンセリング

就職活動の状況把握と就業力・就活スキルのボトムアップ

4年次学生を主な対象に、活動の掌握と活動の支援を目的としたグループ就活相談会を実施します。仲間同士における体験や進捗の共有に、専門家のフォローを加えることで、就業力と就活スキルのボトムアップを実践します。

大学院 大学院生向け進路個別相談

キャリアチェンジへの不安を取り除く有資格の専門家による1対1の面談

アカデミックキャリアから民間へのキャリアチェンジを考えている院生や、就職活動に不安を抱えている院生に対して、カウンセラー(有資格者)が1対1でじっくりと悩みを受けとめ、個人の意思決定を促進します。

共通 セミナー管理システム

カウンセリングやセミナーの受付管理を容易に行える、モバイル対応のWEBシステム

セミナーの開催情報の掲載や受付をWEB・携帯で行うことのできるセミナー管理システム。カウンセラーの個別診断の他にも、就活セミナーなどにも活用できます。

その他の年次の学生向けキャリアカウンセリングに関しても、お気軽にお問い合わせください。
また、就職ガイダンスや就活スキルワークショップなどの支援プログラムに関しては、就活支援講座も併せてご参照ください。
お問い合わせはこちら