キャリアの広場は、キャリア教育の様々な情報を送り届ける情報メディアサイトです。お気軽にご活用ください。

広島大学文学部の学生らが三原市黒谷地区のお茶と三原だるまのコラボ製品を制作

2020/11/09  タグ: ,  

発表元:広島大学

広島大学文学部の学生によるプロジェクト「楽しゅう 飲みん茶い」では、三原市黒谷地区に残る浅野家献上茶と三原市の「三原だるま」とのコラボ製品を制作。製品は広島県庁東館に展示された。同プロジェクトは文学部人間社会科学研究科(伊藤奈保子准教授)と三原市大和町黒谷地区の地域団体「まほろばくろたに」とが共同で取り組んでいるもの。伝統ある三原だるまをもとに、茶入れを兼ねた「黒谷だるま」をデザイン。だるまを入れる備後絣の専用袋も添えて、献上茶と伝統工芸の両方をアピールできるものとした。

https://www.hiroshima-u.ac.jp/news/61079

LINEで送る

コロナ禍対策共有プロジェクト

セミナー・公開研究会情報

近日開催予定のセミナー・公開研究会情報がございません。

学ぶと働くをつなぐキャリア関連ニュースなど、当サイト最新情報を無料のメールマガジンにてご確認いただくことが可能です。



閉じる