キャリアの広場は、キャリア教育の様々な情報を送り届ける情報メディアサイトです。お気軽にご活用ください。

[新Vol. 40] 昭和大学

良き医療人育成に向けて、チーム医療の礎を築く、初年次全寮制教育

2023/08/04  タグ:  

昭和大学基礎DATA

本部所在地 東京都品川区
設置形態 私立
学部 医学部/歯学部/薬学部/保健医療学部
学生数 3139名(2023年5月1日現在)

社会(企業)が学生(新入社員)に求める能力レベルが高まる傾向にあるなか、大学が取り組むべき教学改革は、学生(学修者)本人に対しては学修成果を可視化し、社会に対しては卒業時質保証を行うことだろう。その取組があってこそ、学生は最終学歴となる「学びのゴール」に到達すると同時に、「働くことのスタート」に立つことができるのだ。
このシリーズでは、「学ぶと働くをつなぐ」大学の位置づけに注目し、学長および改革のキーパーソンへのインタビューを展開してきた(リクルート「カレッジマネジメント」誌との共同企画)。今回は、全学部の1年生全員が、学部混合の4人のメンバーと1年間の共同生活を送る「初年次全寮制教育」の特徴を持つ昭和大学で、久光正学長にお話をうかがった。

英米の名門大学の全人的教育がモデル

久光正学長

医学部、歯学部、薬学部、保健医療学部の4学部からなる昭和大学の、教育上の大きな特徴の1つが「初年次全寮制教育」だ。1965年に医学部の男子寮のみでスタートし、現在は、全学部の1年生約600人が、富士吉田キャンパス(山梨県)にある男子寮・女子寮で1年間、生活を共にする。寮の部屋割りは全て4人部屋で、人数の関係で例外もあるが、原則として4学部から各1人が1部屋に入る。
寮室単位での高齢者施設の実習などがあり、生活と勉学との関係はいわばシームレス。また、体育祭、学園祭、ハロウィンパーティーなどのイベントを学生が企画・運営することで、同部屋だけでなく、寮内で広く学生同士のつながりができる。
久光正学長は、この初年次全寮制教育で養うものを、第一に「チーム医療を進めていくうえで絶対的に必要な、コミュニケーションの力」とする。「4人部屋で他人と一緒に暮らせば、いろいろなことでぶつかり合う。それを自ら解決していくことがコミュニケーションを取る練習になると考えています」。

久光学長は、「全寮制を開始したとき、『チーム医療』という言葉自体はありませんでしたが、同じような気持ちはあり、そこに全人的教育が接続されたと考えております」と言う。当時の上條一也理事長が、ケンブリッジやハーバードなどの伝統的な大学が全寮制をとっていることを知り、良い医療人教育のために全寮制を、しかも複数人数を1部屋でと推奨してスタートしたのが経緯という。英米の名門校の全人的・リベラルアーツ的な教育と、昭和大学の建学の精神「至誠一貫」とに通底するものがあったのだろう。それらが初年次全寮制教育の背景となり、チーム医療の基ともなっているようだ。

同級生のみでない人間関係を築く指導担任制度

もう1つの教育上の特徴が、教育職員が複数の学生を受け持って生活相談・指導に当たる「指導担任制度」だ。全学年が対象だが、寮生活を営む1年生には「教育職員としてというより家族というか、相談役」という関わり方になり、その役割はひときわ大きい。「富士吉田キャンパスの教育職員約30人全員が、約20人ずつの学生を受け持ちます。指導担任や寮監との関わりで、同級生のみではない人間関係を深めていくこともできます」(久光学長)。
入学式の告辞で久光学長は、優れた医療人に必要なものとして、「深い知識、優れた技術、適切な態度」の3つを挙げ、なかでも適切な態度と、加えて深いコミュニケーションの力を育てるには、初年次全寮制教育がとても効果的だと述べている。もちろん学生に向けたものだが、指導担任にも当てはまりそうだ。特に1年生の指導担任には「適切な態度」が重要だろう。それを踏まえ、FD:Faculty Development(大学教育の向上を目指す取り組み)や、指導担任の間での情報交換が定期的に行われているという。

チーム医療を実質化する密接な人間関係

初年次全寮制教育が50年以上にわたり受け継がれているのは、その成果が明らかだからだろう。「寮生活を共にした学生たちは、2年生以降学部ごとにキャンパスが分かれても、密接な、良い関係が続いていきます。卒業後も、本学の附属病院の中で見ていますと、同級生がどの科にもどの分野にもたくさんいて、お互いの間に垣根がなく、分からないことを『ちょっと教えて』というようなことが非常によく行われている。チーム医療が、実質的に行われている実感を持っております」(久光学長)。

知識や技術の修得への好影響も成果の一部だ。「これからの医療人は、必要なものを自ら探して取ってくる姿勢がないと、十分な知識、技量を保つことはできません。ですから本学でもカリキュラム改革を進め、現在は、学生がグループで自ら資料を集めていろいろな形を作りあげる『グループ学習』を主体にしています」(久光学長)。その上でも、1年時からコミュニケーションの取り方や、グループに主体的に参加する姿勢を身につけておくことが役立つのだ。

医療を担うあらゆる職種を育成する大学に

今後の昭和大学のビジョンを久光学長は「医療を担うあらゆる職種の人達を昭和大学で育成する形が、1つの夢であります」と語り、学部・学科増を検討しているという。また、さまざまな医療従事者を、昭和大学の理念を持った医療人として育てていくうえで、「臨床教員」の制度を拡充していきたいという。「例えば病院で看護師として仕事をしながら、学生の実習の時間では看護の実技を教える教育職として扱うというものです。既に一部で実施していますが、全ての附属病院で、多くの部門・職種で働く本学の卒業生がそれぞれの職種の先生でもあるという形を構想中です」(久光学長)。
医療・医学教育の変化に対応する改革を行いながら、建学の精神を変わらず守っていく面もある。「患者さんが満足する医療を最高のところにもっていくには、どんな医療人になったら良いのか、その問いかけを常にしていく教育が重要と思っています」(久光学長)。

コロナ禍対策共有プロジェクト

セミナー・公開研究会情報

「STEAM教育を通した高大院接続による人材育成エコシステムの構築を目指して」

開催日:2024/2/27

会場:金沢大学ナノ生命科学研究所棟4階 メインカンファレンスルーム(角間キャンパス南地区)

アクティブラーニングの技法

開催日:2024/3/7

会場:オンライン

IRを活かす人は誰なのか? - 教育マネジメントからIRを捉え直す

開催日:2024/3/7

会場:嘉悦大学(東京都小平市)

学ぶと働くをつなぐキャリア関連ニュースなど、当サイト最新情報を無料のメールマガジンにてご確認いただくことが可能です。



閉じる