キャリアの広場は、キャリア教育の様々な情報を送り届ける情報メディアサイトです。お気軽にご活用ください。

[新Vol. 41] 甲南女子大学

全員発揮型リーダーシップ教育で育む「未来への実践力」

2023/10/13  タグ:  

甲南女子大学基礎DATA

本部所在地 兵庫県神戸市
設置形態 私立
学部 国際学部/文学部/人間科学部/看護リハビリテーション学部/医療栄養学部
学生数 3894名(2023年5月1日現在)

社会(企業)が学生(新入社員)に求める能力レベルが高まる傾向にあるなか、大学が取り組むべき教学改革は、学生(学修者)本人に対しては学修成果を可視化し、社会に対しては卒業時質保証を行うことだろう。その取組があってこそ、学生は最終学歴となる「学びのゴール」に到達すると同時に、「働くことのスタート」に立つことができるのだ。
このシリーズでは、「学ぶと働くをつなぐ」大学の位置づけに注目し、学長および改革のキーパーソンへのインタビューを展開してきた(リクルート「カレッジマネジメント」誌との共同企画)。今回は、近年「就職に強い大学」の評価を高める甲南女子大学で、秋元典子学長、森本真理教授(キャリアセンター長)、深澤貞信氏(キャリアセンター副部長)にお話をうかがった。

生き抜く力を持つ自律した女性を育成する

秋元典子学長

甲南女子大学は「生き抜く力を持つ自律した女性を育成する大学」を人材育成目標として掲げる。「『自分で立つ』と書く自立ではなく、『自らを律する』と書く自律。そのことに私自身はこだわりを持っています」と秋元典子学長は語る。
この目標に向けた全学ディプロマポリシーが「未来への実践力」。「少し抽象度が高い言葉ですが、言い換えると、自律的に判断し、責任ある発言と行動をする力のことです。『知る』『他者との関係を築く』『考える』という3つの力に分解することもできます」(秋元学長)。具体的な施策の大きな柱は、「女性教育」「リーダーシップ教育」の2つだ。
「女性教育」では、全教員が担当科目のうち1コマ以上を「女性」の視点を取り入れた内容とし、シラバスにもそれを明示する。この取組には、「女性として、一人の人間として、激しく変動する社会の中でしっかりと生き抜いてもらいたい、という強い願い」があると秋元学長は言う。「女性は、心身の状況がライフステージごとに変化しがちですし、意思決定をしなければいけない場面が男性よりも多くあると考えております」(秋元学長)。

1人が引っ張る形ではない「全員発揮型リーダーシップ」

もう1つの柱である「リーダーシップ教育」は、キャリアと学びとを結び付ける発想のもと、2017 年度に全国の女子大で初めて正課に取り入れた。
リーダーシップという言葉は「1人が引っ張る」イメージが強いが、甲南女子大学では「リーダーシップは誰にでも備わっている」という前提に立つ。その「全員発揮型リーダーシップ」をキャリアセンター長の森本真理教授(国際学部)は、こんな例で説明する。「いま私がこの話をしているのを、真剣に聞いてくださっているのを見ると、私は安心して話せる。これは聞き手が『リーダーシップを発揮している』ということです」。学生たちは、たとえファシリテーションが苦手でも、会議の時間を計る、メモを取るなどが得意なら、それが自分のリーダーシップだと学ぶ。「チームの目標の達成のために、それぞれの良さや強みを活かし、他のメンバーに与える良い影響力」が、「全員発揮型リーダーシップ」の定義なのだ。

3段階積み上げ型のリーダーシップ・プログラム

現在のプログラムは「基礎」「応用」「発展」3段階の積み上げ型となっている。STEP1「基礎」は主に1年生が、グループワーク中心の授業で自己のリーダーシップを開発する。STEP2「応用」は、STEP1を履修した学生が学習アシスタントとして授業を運営し、他者のリーダーシップ開発を支援する。

「共学の大学では、グループワークを仕切るのが男性になりがちとも聞きます。女子大だからこそ、性別の役割から解放されて自分自身を見つめ直す、いい場ができています」(森本キャリアセンター長)。一方で、女子大学のクローズドな場だけでは不十分との考えから、正課外のSTEP3「発展」では、他大学と合同の短期集中講座など、主に学外で自己と他者のリーダーシップ開発を行っている。
履修人数は、STEP1が3学部(文学部、国際学部、人間科学部)の2割強にあたる約130人、STEP2とSTEP3は20人前後だ。ワンキャンパスのメリットを生かして3学部8学科横断で学ぶ一方、拡充、さらには全学導入の構想には、実習の負担が大きい看護リハビリテーション学部と医療栄養学部での実施などに課題があるという。

実就職率をKPIとして徹底したキャリア支援

甲南女子大学が「就職に強い大学」との評価を高めだしたのは、看護リハビリテーション学部を開設した2007年頃。以来、実就職率をKPIとして、教学とキャリア支援とを両輪としている。
深澤貞信キャリアセンター副部長は、実就職率ランキング上位への定着は、「キャリアセンターの個人面談など、1学年約1100人という小規模ならではの個別サポートを継続してきた成果でもある」と言う。
リーダーシップ教育の成果は、就職実績などに明確には表れていないものの、学生が採用面接で「あなたがいるグループは楽しそうになる」と高評価を得たなどの事例は出ているという。また、「自己肯定感」の観点からも、リーダーシップ教育には期待がある。「自己肯定感がある学生は、就活で何度落とされても、自分なりにフィードバックして、次に挑んでいくことができる」(深澤副部長)。このような力が入社後の活躍にもつながることは、想像に難くない。

性別を意識することなく、自分の特性や生き方を見つめる女子大学に

秋元学長は、卒業生に「生き抜いてほしい」と強く願う一方で、「女子大学の生き残り」の厳しさも感じていると言う。しかし女子大学には、今でも存在意義があるとも考えている。
「性別を意識することなく自分の特性を見つめ、一人の人間としてどういうふうに生きていくのかをひたすら考え、その根幹となる力を養うことができるのが女子大学です。本学はワンキャンパスという規模ではありますが、きらりと光るものを持った女子大学として、生き抜いていきたいと考えております」(秋元学長)。

セミナー・公開研究会情報

大学生のキャリア支援

開催日:2024/7/30

会場:実践女子大学 渋谷キャンパス

学ぶと働くをつなぐキャリア関連ニュースなど、当サイト最新情報を無料のメールマガジンにてご確認いただくことが可能です。



閉じる