キャリアの広場は、キャリア教育の様々な情報を送り届ける情報メディアサイトです。お気軽にご活用ください。

卒業生調査から見るコンピテンシー開発の必要性

「第2回 キャリアの広場LIVE」実施レポート Vol.1

2020/12/28  タグ: ,  

当リアセック「キャリアの広場」編集部では、2020年12月21日、オンラインセミナー「キャリアの広場LIVE 第2回」を実施した。好評を得た第1回(8月開催)に続き、従来のweb上の記事企画を、Zoomによるウェビナーでライブ講座にし、Q & A 機能で参加者からの質問を受ける双方向型オンラインセミナーで、全国から50名以上のご参加をいただいた。

Vol.1・2の2回に分けて、本セミナーのレポートをお送りする。この[Vol.1]では

卒業生調査から見るコンピテンシー開発の必要性
キャリアの広場編集部 編集長 角方正幸

を中心に紹介する。

■卒業生調査から見るコンピテンシー開発の必要性

「キャリアの広場編集部」編集長(リアセックキャリア総合研究所所長)角方正幸の講演は、2021年初夏刊行予定の『PROG白書』に収録する「卒業生調査」の中間報告を兼ね、「卒業生調査から見るコンピテンシー開発の必要性」と題して行われた。

2019年から調査に着手し、2020年8月末までに6大学(国立、私立)の調査が完了している。この時点では、データ数は予定の半数以下だが、それをもとにいくつかの分析を試行的に行ったところ、興味ある結果が得られ、この講演ではその中から6つのトピックスを取り上げることとした。

調査票のQ1基本属性のうち、「入試形態」や「志望順位」が、卒業生の動向を分析する上では重要な設問と考えられる。
ブルーの枠で示すQ4からQ7が、学修をはじめとする学生生活への取組を、いろいろな角度から見たものである。なかでもQ6は、教育効果が大きいと言われる「卒業論文」について、少し掘り下げて聞いている。
オレンジの枠で示すQ8からQ10およびQ12が、社会人となった「現在」においての仕事などの状況を多面的に聞く設問である。
Q11、Q12は能力の体系で、PROGのコンピテンシー(ピンク色の9項目)、リテラシー(青色の4項目)、汎用的能力以外の知識やスキル(黒色の4項目)についての問いとなっている。

■不本意入学でも、卒業時の総合満足度が低いとは限らない

「大学生活満足度」と基本属性の「志望順位」との関係を分析したところ、第1志望でも第2志望以下でも満足度はあまり変わらないという、やや意外な結果が得られた。今後調査が進みデータ数が増えれば、どうしてこのような現象が起きているのかなども分析できることが期待される。

■仕事関連指標とつながるのは、リテラシーよりコンピテンシー?

トピックス3から5が、コンピテンシーの育成が、仕事能力、「働く」ということとどうつながっているのかを探る、本調査のメインの部分である。
リテラシー総合の欄を縦に見ると、各種仕事指標との相関はほとんどないことが分かる。一方、コンピテンシー総合は、値の数字を赤色で示したキャリア自律度、職場評価をはじめ、一定以上の正の相関がみられる。また、仕事指標の中では、PROGスコア大分類・中分類で強い相関を示している項目の多い「キャリア自律度」に注目したい。


■社会での要求度と大学での修得度のギャップが大きいのもコンピテンシー

卒業生に聞いた「社会で求める能力」「大学で身につけた能力」をグラフにして比較すると、1番から9番のコンピテンシーが、社会で求める度合いが高いわりに、大学で身につけた割合が低い傾向がひと目でわかる。大学でのコンピテンシー開発の必要性の証明になっていると思われる。

■Vol.2予告:大学におけるジェネリックスキル育成の事例

このVol.1では、「卒業生調査」の分析についての講演を中心にレポートした。大学におけるジェネリックスキル育成、とくにコンピテンシー育成の重要性を示唆するものである。
セミナーでは、この序論に続き、当「キャリアの広場」で記事掲載し、多くの注目を集めた2つの事例の担当者に登壇いただいた。

3年次必修PBL科目『企画表現演習5』における汎用的能力の育成
明星大学 デザイン学部 准教授 池谷 聡 氏

ジェネリックスキル開発のための仕掛けがていねいに設計されたPBL型授業で、学生の成長を支援している。

学科間の交流を促進するオンライン型 大学生活スタートアッププログラム
実践女子大学・実践女子大学短期大学部
学生総合支援センターキャリア・生活支援課 係長 中山 尚人 氏

コロナ禍、学科間の交流を通じて大学生活に期待を持ってもらうことを目的としたチームビルディング研修を、オンラインで実施した。

Vol.2では、この2つの講演をレポートする。

LINEで送る

コロナ禍対策共有プロジェクト

セミナー・公開研究会情報

近日開催予定のセミナー・公開研究会情報がございません。

学ぶと働くをつなぐキャリア関連ニュースなど、当サイト最新情報を無料のメールマガジンにてご確認いただくことが可能です。



閉じる