キャリアの広場は、キャリア教育の様々な情報を送り届ける情報メディアサイトです。お気軽にご活用ください。

将来就きたい地位は「一般社員志向」がトップに――2024年度新入社員の意識調査

2024/04/25  タグ: ,  

発表元:株式会社OKB総研

大垣共立銀行のシンクタンク、(株)OKB総研は、「2024年度新入社員の意識調査・理想の上司」調査報告を発表した。「将来どんな地位に就きたいか」への回答は、「一般社員志向」が1位で28.1%、次いで「スペシャリスト志向」が24.9%、「管理職志向」が20.3%。「スペシャリスト志向」は低下傾向、「一般社員志向」は上昇傾向で、今回初めて「一般社員志向」が「スペシャリスト志向」を上回った。上司・先輩との人間関係は「ほどほど派」が59.8%でトップ、働く目的は「自分の成長のため」が61.4%でトップだった。

https://www.okb-kri.jp/wp-content/uploads/2024/04/%E3%80%8C2024%E5
%B9%B4%E5%BA%A6%E6%96%B0%E5%85%A5%E7%A4%BE%E5%93
%A1%E3%81%AE%E6%84%8F%E8%AD%98%E8%AA%BF%E6%9F%BB
%E3%83%BB%E7%90%86%E6%83%B3%E3%81%AE%E4%B8%8A%E5
%8F%B8%E3%80%8D%E8%AA%BF%E6%9F%BB%E5%A0%B1%E5%91
%8A.pdf

セミナー・公開研究会情報

大学生のキャリア支援

開催日:2024/7/30

会場:実践女子大学 渋谷キャンパス

学ぶと働くをつなぐキャリア関連ニュースなど、当サイト最新情報を無料のメールマガジンにてご確認いただくことが可能です。



閉じる